メディアコンテンツ研究会―活動報告
本会はサブカルチャー、マイナーカルチャー全般に知的好奇心を持つ人々が集まって、                                   評論・情報系の合同誌『SUB & MINOR』を発行することを目標としています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 |

中性的なるものへの欲望〔さへーのコラム6〕
美しさのパターンとはなんだろう。

「女らしい女性」は、その一つだろう。

もちろん「女らしさ」は単一的な価値観ではないが、私たちは個々の基準でそれを感じることができる。

これは「男らしい男性」にも同じことがいえるだろう。

しかし世の中には、「中性的なる」美しさも存在する。

「男らしい女性」と「女らしい男性」である。

両者は前記した二つと同じ、「男らしさ」「女らしさ」を志向しているにも関わらず、それらとは全く違う危うさに美しさを感じる。

メディアコンテンツにおいて、男装の麗人は男性としてでも女性としてでもなく、男装の麗人として美しい。

女性が女性として美しいものと一線を画している。

男の娘も同様である。

中性的なるものを、様々に表現してきたのだ。

手塚治虫作品や初期の少女マンガ作品には、この中性的なるものが多く登場する。

両性具有はその最たる表現であろう。

そして70年代ごろから、女体化という危うい性が登場する。

『らんま1/2』の主人公・らんまは、武骨で硬派な男性だが、女性の時もそのままの性格であるため、端からみれば勝ち気で粗暴な女性に見える。

「男らしい男性」から「男らしい女性」へ、揺らぎ続ける。

また入れ替わりキャラクターたちは、「男らしい女性」と「女らしい男性」であることが多い。

彼らは入れ替わりを経ることで、「男らしい女性」と「女らしい男性」から「男らしい男性」と「女らしい女性」へと転換することになる。

これもまた、異性化する身体という不安定さと、それ故の美しさを描く表現形式である。

「Sub&Minor」2では、特集をこの女体化として取り上げる。

前号の男の娘と合わせてお読みいただきたい。

(文・さへー)
スポンサーサイト

[2011/06/24 21:11] 女体化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mediacontents.blog.fc2.com/tb.php/23-3224ac17



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。