メディアコンテンツ研究会―活動報告
本会はサブカルチャー、マイナーカルチャー全般に知的好奇心を持つ人々が集まって、                                   評論・情報系の合同誌『SUB & MINOR』を発行することを目標としています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 |

魔法少女は流れない、それは積み重なる〔さへーのコラム3〕
先週に引き続き魔法少女のお話におつきあい願いたい。

前回ご説明した魔法少女系は、あきらかに日常系に先んじるガール・ミーツ・ガールである。

日常系のように時代を代表することはないが、現在まで非常に息長く、メディアコンテンツを支えている。

そこでまた、疑問を抱く方もいらっしゃるだろう。

最初の日記で述べた「魔法少女まどか・マギカはガール・ミーツ・ガール(特に日常系)の枠組みを破壊する画期的なアニメであった」という主張についてである。

魔法少女系作品が存在・継続している以上、日常系のみにガール・ミーツ・ガールの特権を見いだし、打破を語るのは一面的であろう。

「まどか厨必死すぎわろたwww」のそしりは免れ得まい。

だが、「まどか」は魔法少女系作品としても、ガール・ミーツ・ガールに刺激を与えた作品である。



ここから先は「魔法少女まどか・マギカ」の盛大なネタバレとなるので、注意していただきたい。



「まどか」は題名にもあるとおり、魔法少女系作品を意識して作られたアニメである。

だが魔法少女とは名ばかりで、主人公はOPでしか変身せず、仲間は死に、魔法生物はエイリアンであった。

今まで倒してきた魔女は実は元仲間であるし、あろうことかこの出来事は繰り返し行われ、積み重なってまどかの魔力的素質を支えていたのである。

これほどまでに悲劇的なガール・ミーツ・ガールは、主要な登場人物であるほむらによって何度も出会われていた。

物語の終盤、「魔女の世界」は終わりを告げ、世界は改編されて「魔法少女の世界」ができあがる。

お気づきの通り、この「魔法少女の世界」と仮に名付けた世界こそ、「いわゆる魔法少女系作品」の世界観なのである。

この世界でこそ、夢と希望を司る魔法少女は、愛らしい魔法生物と共に、どこからともなく現れる魔獣を倒すのだ。

「まどか」は魔法少女が不幸にならずに、魔法生物と共生する以前の物語として、魔法少女系作品に厚みを与えるアニメであった。

魔法少女は積み重なったのだ。

しかし、忘れてはならない描写がある。

物語の初期、魔法少女を想像したまどかは、自分が着る衣装を考え、ノートに書いている。

その時まどかが思い描いた魔法少女とは、紛れもなく「いわゆる魔法少女」なのである。

魔法少女系作品の前史であった「まどか」は、そのさらに以前に、確かに魔法少女系作品を想定していたのである。

ここにきて我々は、タイトルの「魔法少女は流れない、それは積み重なる」を否定し、「魔法少女は積み重ならない、それは円環する」ことを宣言しなければならない。

「魔法少女まどか・マギカ」は、日常系を想定させ、それを打ち破る脱日常系ガール・ミーツ・ガール作品であると同時に、魔法少女系を円環させる終わらないガール・ミーツ・ガールであったのだ。

ガール・ミーツ・ガールはやはり、自らその枠組みを破壊したのである。

(文・さへー)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント:

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mediacontents.blog.fc2.com/tb.php/14-11ab9915



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。