メディアコンテンツ研究会―活動報告
本会はサブカルチャー、マイナーカルチャー全般に知的好奇心を持つ人々が集まって、                                   評論・情報系の合同誌『SUB & MINOR』を発行することを目標としています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 |

魔法少女も、はじめました。〔さへーのコラム2〕
先週、ガール・ミーツ・ガールについて語った。

ガール・ミーツ・ガールは、私がぼぅっと妄想していただけのもので、細かいことを考えて述べたわけではない。

だがそんな妄想をぶち殺すべく、一人の少女が立ち上がった。

いや、少女というのはやや無理がある年齢で……お年頃の女性である。

『SUB&MINOR』の表紙担当である彼女は、まずこう述べる。

「ガール・ミーツ・ガールの範囲を示せ」

と。

全く考えていなかった。さーせん。

なので今回少し考えてみようと思う。

ボーイ・ミーツ・ガールとは、物語の最初に、男がひょんなことをきっかけに女の子と知り合う物語であろう。

ここには少年の恋心が内包されており、少女も概ねそれと同様の感情を秘めている。

一昔前に流行をみせた、世界系作品と親和性が高かった。

では、ガール・ミーツ・ガールはどうか。

やはり少女が少女と出会い、そこから紡がれる出来事が、物語の中心になるもの、とすべきだろう。

例えば、『あずまんが大王』をみてみよう。

担任からちよちゃんが紹介される所から話は始まり、榊を始め複数の少女と出会い、学園生活をギャグを交えつつ過ごしていく。

男は出てこないわけではないが、基本的には概念である。認識はできない。

唯一登場らしい登場をするのが木村で、これは極端なギャグキャラクターである。

男と女がいちゃこらするような、不愉快な描写はない。

俺の二次元が恋なんてするわけない。

もう一つ指摘できるのは、少女同士の恋愛――いわゆる百合が物語を動かすわけではない。

それは部分的に、あるいは特定の作品において描かれることはあっても、大部分のガール・ミール・ガールに必須な条件ではない。

ガール・ミーツ・ガールは、恋愛感情ではなく、友情に大きな比重を占められている。

こうした説明を行うと、次に飛んでくる幻想殺しはこういう質問である。

「なら日常系以外にもガール・ミーツ・ガールはあるだろう」

あるだろうと思う。

私が前回日常系を例にしたのは、世界系作品の隆盛後に、流行を見せている作品群だと感じたからである。

ガール・ミーツ・ガールは日常系と親和性が高いというだけで、それ以外に適応できないものではない。

例えば日曜の朝に放映されるような、魔法少女系作品である。

複数の少女が、友情を深めつつ敵を倒していく、おなじみの作品である。

私は朝起きられないので、こうした魔法少女系を最後にみたのは、『おジャ魔女どれみ』であったように思う。

10年以上前だ。かなりうろ覚えである。

男がほとんど登場せず、物語の中心に絡んでくることもなかったと記憶している。

日常系作品と比較し、男の登場がやや多いように思うが、魔法少女系作品群もガール・ミーツ・ガールと相性がいいといえよう。

最近の例では、『魔法少女リリカルなのは』が顕著な例だろう。。

他にもガール・ミーツ・ガールに該当しながら、上記の系統にあてはまらない作品はある。

それらを収集し、比較検討することで、時代と共に変遷を遂げるガール・ミーツ・ガール史を記述することも可能だと考えている。

その時あきらかになるのは、メディアコンテンツの様々な流行から顔を覗かせる、少女達の活躍であるはずだ。

(文・さへー)
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。