メディアコンテンツ研究会―活動報告
本会はサブカルチャー、マイナーカルチャー全般に知的好奇心を持つ人々が集まって、                                   評論・情報系の合同誌『SUB & MINOR』を発行することを目標としています。

PROFILE
ならざけ
  • Author:ならざけ
  • メディアコンテンツ研究会へようこそ!

    機関誌『SUB & MINOR』をよろしくです!!
  • RSS1.0


  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • コミケ終了(12/31)
  • コミケC89 3日目 新刊ゾンビ本(12/28)
  • 冬コミ告知(西め-39b)(12/27)
  • コミケット84アフターレポート(08/19)
  • 夏コミ新刊情報!―残念系―(08/10)


  • RECENT COMMENTS
  • 太田(05/12)
  • カイン(02/01)
  • ならざけ(01/05)
  • 仏滅(01/05)
  • ならざけ(12/15)
  • ペドフェチ(12/14)
  • ドコデモ♪(12/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • ライトノベル研究会:紹介:ライトノベル関連記事目録抄(01/28)


  • ARCHIVES
  • 2015-12- (2)
  • 2013-12- (1)
  • 2013-08- (2)
  • 2013-06- (1)
  • 2013-02- (1)
  • 2012-11- (1)
  • 2012-08- (1)
  • 2012-07- (2)
  • 2012-06- (2)
  • 2012-04- (1)
  • 2012-02- (3)
  • 2012-01- (3)
  • 2011-12- (3)
  • 2011-10- (1)
  • 2011-08- (6)
  • 2011-07- (1)
  • 2011-06- (8)
  • 2011-05- (12)


  • CATEGORY
  • トップ (2)
  • 販売 (4)
  • ペーパー (1)
  • コミティア (6)
  • 文学フリマ (5)
  • ガール・ミーツ・ガール (3)
  • 女体化 (3)
  • 声優 (1)
  • 週刊ヤングジャンプ (1)
  • アニメ (1)
  • 近況 (3)
  • 未分類 (0)
  • 聖地巡礼 (1)
  • コミックマーケット (17)
  • ライトノベル関連文献目録 (1)
  • ライトノベル (1)
  • SUB & MINOR (1)


  • LINKS
  • Circle.ms メディアコンテンツ研究会
  • 秘本衆道会
  • 穴あき日記~奈良漬のブログ
  • 古典的奈良漬
  • 異類の会
  • 日々平安録
  • Flower Storm


  • SEARCH


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    [--/--/-- --:--] スポンサー広告 |

    中性的なるものへの欲望〔さへーのコラム6〕
    美しさのパターンとはなんだろう。

    「女らしい女性」は、その一つだろう。

    もちろん「女らしさ」は単一的な価値観ではないが、私たちは個々の基準でそれを感じることができる。

    これは「男らしい男性」にも同じことがいえるだろう。

    しかし世の中には、「中性的なる」美しさも存在する。

    「男らしい女性」と「女らしい男性」である。

    両者は前記した二つと同じ、「男らしさ」「女らしさ」を志向しているにも関わらず、それらとは全く違う危うさに美しさを感じる。

    メディアコンテンツにおいて、男装の麗人は男性としてでも女性としてでもなく、男装の麗人として美しい。

    女性が女性として美しいものと一線を画している。

    男の娘も同様である。

    中性的なるものを、様々に表現してきたのだ。

    手塚治虫作品や初期の少女マンガ作品には、この中性的なるものが多く登場する。

    両性具有はその最たる表現であろう。

    そして70年代ごろから、女体化という危うい性が登場する。

    『らんま1/2』の主人公・らんまは、武骨で硬派な男性だが、女性の時もそのままの性格であるため、端からみれば勝ち気で粗暴な女性に見える。

    「男らしい男性」から「男らしい女性」へ、揺らぎ続ける。

    また入れ替わりキャラクターたちは、「男らしい女性」と「女らしい男性」であることが多い。

    彼らは入れ替わりを経ることで、「男らしい女性」と「女らしい男性」から「男らしい男性」と「女らしい女性」へと転換することになる。

    これもまた、異性化する身体という不安定さと、それ故の美しさを描く表現形式である。

    「Sub&Minor」2では、特集をこの女体化として取り上げる。

    前号の男の娘と合わせてお読みいただきたい。

    (文・さへー)
    スポンサーサイト
    [2011/06/24 21:11] 女体化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    キタ━(゚∀゚)━!!!!!〔さへーのコラム5〕
    あらゆる二次創作には原作がある。

    時には二次創作は、二次創作物を下地にさらなる創作を行う。

    私たちは同人誌やMAD動画を見て、原作キャラの扱われ方に一喜一憂する。

    例えば『涼宮ハルヒの憂鬱』の二次創作物を見て、キョンの前にナイフを持った朝倉さんが立っていれば、wktk展開である。

    心の中では「キタ━(゚∀゚)━!!!!!」の弾幕が流れている。

    ……話はそれるが「キタ━(゚∀゚)━!!!!!」は最近見ない。古かったかもしれない。

    それはともかく、キャラの登場シーンはわくわくするものだ。

    ところで女体化の一種に「戦国もの」がある。

    日本の戦国時代や幕末志士、中国の三国時代や水滸伝などを女体化する作品群である。

    これらは言わば、歴史の二次創作として捉えることが可能だ。

    私たちは『センゴク』で馬場美濃守の登場シーンに「ktkrktkr!!」とのたうち廻るように、「恋姫無双」の朱里の登場に「キタ━(゚∀゚)━!!!!!軍師さまk……え?はわわ?」と楽しむことができる。

    このようにお気に入りキャラの登場は、二次創作での一番の楽しみ所といえる。

    特に戦国系マンガや、戦国ものの女体化作品では最高の見せ場で、キタ━(゚∀゚)━!!!!!弾幕の打ち所でもあろう。

    (文・さへー)
    [2011/06/17 00:21] 女体化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    女体化と男の娘の狭間で〔さへーのコラム4〕
    メディアコンテンツ研究会は女体化に向けて進み出した。

    研究会は現在、男の娘と女体化の狭間にいる。

    『SUB&MINOR』1で紹介した男の娘キャラの何人かは、想いを遂げて女の子になれることがある。

    男の娘四天王の一人、渡良瀬準もその一人だ。

    彼は続編「はぴねす!りらっくす」において、魔法の力で女の子になり、念願の女の子になる。

    見た目はほとんどかわらないが、肝心なところが変わるのは肝心である。

    「男だからいい!」というプロの男の娘愛好者からすれば邪道かもしれない。

    だがこうも考えられる。

    準にゃんは男の娘ファンも女体化ファンも優しく抱きしめてくれる包容力のある女神である、と。

    他にも「Steins;Gate」の漆原るかも男の娘から女体化する。

    彼は女体化後もつるぺたぼくっ娘で、凶真さんに男の娘認定されている。

    おっぱいの大小で男か女か判断する凶真さんが大変かっこいい。

    しかしDメールの力で紛れもなく女になっており、解き放たれた魔力が暴走して俺がやばい。

    グラコスはまだか。

    今回は上記の二例をあげたが、この他にも男の娘→女体化キャラはいるだろう。

    彼・彼女たちは男の娘と女体化の結節点として、我々の心を豊かにしてくれるに違いない。

    (文・さへー)
    [2011/06/10 00:32] 女体化 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。